広告 未分類

寝ても治らないクマの原因とは?その対処方法をご紹介

クマがあると、年齢よりも老けて見えたり、疲れた印象を与えてしまいます。目元は、顔の印象を決めるとても大切な部分だからこそ、早めに改善したいですよね。寝ても治らないクマは、その原因に応じた対処をすれば、軽減させることができます。今回は、キレイな目元を取り戻しせるよう、クマができる原因と対処方法についてご紹介していきます。老け顔の印象を一掃しましょう!

ちゃんと寝ているのにクマが消えない!

寝不足でクマができると思っている人が多いと思いますが、実は、クマができる原因は睡眠不足だけではありません。

目の周りにある皮膚はもともと薄く、外からのダメージを受けやすいところです。
その中でも、目の下の部分は、とくに薄くデリケート。
ちゃんと寝ているのに目の下のクマが消えないのは、睡眠不足による疲れだけではなく、他に原因があるのかもしれません。

クマが消えない原因

まずは、自分のクマがどの原因でできているのか、しっかり見極めていきましょう!ここからは、睡眠不足に限らず、クマができる理由について、しっかり寝てもクマが消えない原因についてご紹介します。


血行不良

睡眠不足によるクマ、実はこれが原因。クマの原因の中でも最もポピュラーなのが、血行不良によるものです。
先ほども触れましたが、目の周りの皮膚は他の場所とくらべて非常に薄くなっています。血行がいい状態のときは、スムーズに血液が流れているので、目の下もすっきり見えます。
厚みでいうと0.6mmほどしかなく、そのため、皮膚の下にある毛細血管が透けて見えている状態です。

しかし、睡眠不足や疲れ、ストレス、冷え症などが原因で血行が悪くなると、血流が滞り、その色が皮膚の上から透けて、黒く見えてしまうのです。
このため、睡眠不足以外の要因で血行不良が起こっていると、睡眠時間が足りていてもクマが消えない、ということに。

色素沈着

目元は皮膚が薄いうえに、皮脂腺が少ないため乾燥しやすく、ちょっとの刺激でも傷ついてしまう、とてもデリケートな場所。皮膚を刺激することによって起きる色素沈着が原因のクマだと、十分に睡眠をとってもクマが消えることはありません。目元は、洗顔やメイク、紫外線など、日々強い刺激にさらされています。
そのため、肌のターンオーバーが乱れて、メラニン色素が過剰生成され、その蓄積された色素が沈着してクマになってしまうことも。

たるみ

たるみが作る影がクマとなって、黒く見えてしまうこともあるのだそう。原因が影なので、寝てもクマが解消されることはありません。加齢などにより、目のまわりを囲う筋肉が衰えたり、コラーゲンが不足してハリがなくなったりするこことで、皮膚がたるんできます。
最近では、長時間のスマホやタブレット、PC作業などで目が酷使されることが増え、これが目の周囲のクマの大きな要因のひとつになっていると言われています。

病気

皮膚の病気である「アトピー性皮膚炎」だけでなく、「鉄欠乏性貧血」や「バセドウ病」、「肝機能障害」などは、症状のひとつとしてクマが表れることも。今まで述べてきた原因に思い当たる節がなければ、一度医師に相談してみましょう。目の下に表れるクマが、体の病気のサインである場合もあります。


クマの種類

その原因や症状によって、クマは大きく3つの種類に分けられます。クマができる原因には、さまざまなことがあります。自分のクマはどの種類なのか、チェックしてみましょう。

茶クマ

色素沈着が原因によるクマ、目の下が茶色っぽくなります。
目をこする、洗顔するなどの刺激が引き金となって、できてしまうことが。

見分ける方法としては、目の周りをやさしく引っ張ってみてクマの色が変化しなければ、そのクマは茶クマのタイプの可能性があります。

青クマ

血行不良が原因によるクマ、目の下が青っぽくなります。
寝不足、疲れ、冷えなどで血流が滞って、できてしまいます。
見分ける方法としては、目の周りをやさしく引っ張ってみて青っぽくなれば青くまの可能性があります。

黒クマ

皮膚のたるみが原因によるクマ、目の下が黒っぽくなります。
眼輪筋という目のまわりにある筋肉が加齢により劣化し、皮膚がたるんでくることでできる影が、黒クマです。
見分ける方法としては、顔を上にあげて鏡を見たときに、色が薄くなったら、そのクマは黒クマのタイプになります。

消えないクマの対処法

ここからは、クマを取り除くための対処方法をご紹介していきます。茶クマ、青クマ、黒クマのそれぞれの原因が違うので、クマの種類によって対処方法も変わってくるもの。
それぞれに適した処置で、美の大敵であるクマと、1日でも早くサヨナラしましょう。

茶クマ対策「紫外線対策」

紫外線を浴びるとメラニンが増え、色素沈着につながります。夏だけではなく、春秋冬も紫外線は降り注いでいます。ですから紫外線対策は万全に。
季節問わず紫外線を浴びると考え、外出時は帽子やサングラスなどで、目元の紫外線対策をしっかりと行いましょう。

茶クマ対策「栄養補給」

体内からクマを抑えるために、メラニンの生成を抑える効果のある「ビタミンA」、「ビタミンC」、「L-システイン」などを、積極的に取り入れていくといいかも。サプリメントや果物、野菜などでとってみて。

茶クマ対策「美白成分配合のスキンケア」

メラニン色素が原因の茶クマには、ビタミンC誘導体など、美白成分配合のスキンケア用品でお手入れしていきましょう。顔のしみ対策と同様のスキンケアが有効と言われています。
また肌の乾燥も、クマができる原因に。洗顔後の保湿ケアも、合わせて行っていきましょう。

青クマ対策「マッサージ」

クリームやオイルを塗り、中指や薬指を使って目の周辺に円を描くように、ソフトタッチでマッサージしていきます。血行が促進され、血流の滞りの解消に目の周りをやさしくやさしく。
無理にやると刺激となり、茶クマの原因になってしまうこともあるので、注意してくださいね。

青クマ対策「ホットアイマスク」

血行促進につながるよう目の周りを温めてあげることも、効果的。
ホットアイマスクがないときは、電子レンジで温めた蒸しタオルを適温まで冷ましてから、目の上にのせてもOK。
暖かい食事や飲み物を摂る、湯舟に浸かるなど、体全体を温めることも血流改善には効果的です。

青クマ対策「アントシアニンの摂取」

ブルーベリー、カシス、ブドウ、イチゴなどに含まれている「アントシアニン」という成分には、眼精疲労、視力回復、眼病予防など、目に関する機能の改善効果があるといわれています。「ブルーベリーが目にいい」って話、聞いたことがあるという人は多いのでは?
アントシアニンは、視力だけではなく、疲れ目の回復やクマ対策にも力を発揮してくれますよ。

黒クマ対策「目の周りの筋肉を鍛える」

目の周辺には眼輪筋という筋肉があり、その筋肉が衰えることで皮膚がたるみ、クマの原因になってしまうことも。黒クマの原因のひとつが、加齢などによる皮膚のたるみ。この眼輪筋を鍛えることは、目元のたるみを抑え、黒クマを解消することにつながります。

たるみ防止をサポートしてくれる眼輪筋を鍛えられるよう、目をギュッと閉じたり大きく開いたり、細目でキープしたりといった、筋肉に負荷を与えるエクササイズを毎日取り入れて。

黒クマ対策「バランスのいい食事」

毎日の食事も、クマを消すためにはとても大切。

バランスのよい食事を心がければ、血流の促進や肌のハリツヤもアップ!偏った食事や無理なダイエットは、皮膚を痩せさせ、たるみが出やすくなってしまいます。
スキンケアやエクササイズと同じくらい、劣化を抑え、若々しい目元をキープしてくれますよ。

クマはタイプ別に正しくケアすることが大切!

寝ても消えなかったクマに悩んでいた方は、ぜひタイプにあった正しいケアをしてみてください。自分のクマがどのタイプのクマなのか、わかりましたか?
目元は顔の印象を決めるとても大切なパーツ。目に疲れを貯めないように規則正しい生活を送り、毎日のアイケアでクマを退治していきましょう!

  • この記事を書いた人

toto

東京在住30代ワーママです。お金を貯めるのが趣味な夫とイヤイヤ炸裂中の娘(2022年生)との3人家族。 0歳からゆ~るくおうち英語取組んでいます。 共働きのため、いかに家事を手抜きするか日々探索中。

-未分類