広告 未分類

美容液の正しい順番知ってる?パックやオールインワンコスメ使用時はいつ塗るのが正解?

美容液とはどんな働きをしてくれるアイテムなの?美容液を使う目的や化粧水との違いなど、美容液に関する疑問について詳しく解説しています。今回の記事では、美容液を塗る正しい順番を徹底解説。美容液を使うときの注意点やおすすめのプチプラ美容液もご紹介しているので、美容液選びの参考にしてみてくださいね。

美容液を塗る順番、正解は?

つける順番によっては、美容液の効果が十分に発揮されない可能性もあるんです。

化粧水や乳液など、他のスキンケアアイテムと一緒に使う場合には、どの順番でつけるのが正解か知っていますか?

お肌のケアに何かと頼りになる美容液。塗る順番と正しいスキンケアの方法を知って、ツヤツヤのお肌を手に入れましょう!

美容液って?

美容液とは、美容成分が含まれた基礎化粧品のこと。美白・シミ・たるみ・シワ・毛穴の開きなど目的に合わせて、基本のスキンケアに+αの作用をもたらしてくれるアイテムです。
商品によってどのような効果があるのかが違ってくるので、自分の肌悩みに合わせて選ぶのがポイントです。
「肌トラブルを未然に防ぎたい」「いつものスキンケアだけでは物足りない」というときに、スペシャルケアとして使用すると効果的◎

美容液を使う目的は?

美容液は、気になる部分やもっとケアしたい部分を集中的にサポートしてくれるアイテム。
「シミが気になる」「より美白になりたい」というときはビタミンCやメラニンの生成を抑える成分が配合されたものを選んでみて。
また、「毛穴の黒ずみ」「しわ」が気になるときはグリコール酸やヒアルロン酸が配合されたものがおすすめ。
「たるみ」が気になるときは、線維芽細胞の働きを高めて血流を促進するビタミンEやナイアシンアミドが配合されたものをおすすめします。

化粧水・乳液などの基本的なスキンケアにプラスして、自分の肌の状態や悩みに合った成分が配合された美容液を選びましょう。

化粧水との違いは?

化粧水の目的は主に「保湿」、肌の角質層に潤いを与えて肌をなめらかに整える役割を持っています。

美容液は、肌の保湿に加えてさまざまな美肌効果を与える美容成分が多く配合されているスキンケアアイテム。

テクスチャーは化粧水よりとろみのあるリキッドタイプやミルクタイプ、オイルタイプ、ジェルタイプなど、豊富な種類があります。

美容液とクリーム、どっちが大事なの?

美容液とクリームは必ず使わなければならないというものではありませんが、肌の状態や季節ごとの肌の変化に応じて、上手に使い分けてみて。

クリームは乳液よりも含まれる油分が多く、うるおいを保って肌を柔らかく整えてくれます。

美容液と同じようにスペシャルケアとして使われることが多く、特に乾燥が気になるという方におすすめのアイテム。

美容液のあとにクリームを使うことで、美容液の有効性分がより浸透しやすくなるというメリットがあります。
どちらが大事かは、お肌の状態によるといえるでしょう。

化粧水と美容液だけでもOK?

スキンケアの基本は化粧水で肌にうるおいを与えて、次に乳液の油分でその水分を蒸発しないようにフタをする「化粧水+乳液」です。

化粧水のあとに美容液をつけるだけでも乾燥しないならそれでも大丈夫ですが、乾燥が気になるようなら乳液をプラスするのがいいでしょう。

スキンケアの順番をご紹介


ついつい忘れてしまうスキンケアの順番。

正しいスキンケアアイテムのつけ方を解説していくので、チェックしてみてくださいね。

1:化粧水

水分量の多い化粧水は、一番先につけましょう。

スキンケアは、水分の多いものを先に、油分の多いものを後につけるのが基本です。

化粧水の目的は、角質層にうるおいを与えて肌を柔らかく保ち、キメを整えること。
また、次につける美容液や乳液の成分が浸透しやすくなることが期待できます。

2:美容液

化粧水で柔らかくなった肌に美容成分を浸透させます。
乳液のあとにつけると、油分に阻まれて美容成分が浸透しにくくなってしまうので注意してくださいね。

3:乳液

化粧水と美容液のあとに使うことで、うるおった肌にフタをして水分の蒸発を防いでくれます。乳液には水分と油分が含まれていて、肌の乾燥を防ぐために欠かせないアイテム。

4:クリーム

特に乾燥が気になるお肌におすすめのアイテム。
クリームは乳液よりも含まれる油分が多いので、肌の状態によって取り入れて。
使う場合はスキンケアの最後の仕上げに塗りましょう。

5:商品によって違ってくる場合も

美容液の中でも導入美容液(ブースター美容液)と呼ばれるものは、化粧水の前に用いるアイテムも。肌を柔らかくして土台を整え、後に使う化粧水や乳液の成分の浸透をサポートする役割があるので、洗顔後は最初に使用します。

基本的には「化粧水→美容液→乳液→クリーム」と、水分の多いものから油分の多いものという順番でつけていきますが、商品によっては、つける順番が前後するものも。

他にも油分の多いものや部分使い用の美容液など、乳液のあとに使用するタイプのものもあります。

こんなとき、順番はどうする?

美容液の後につけるのか、前につけるのか迷ってしまう場合、のために例をまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

パックをするとき

パックをつける順番は、美容液のあとが理想。日焼けをしてしまったあとや乾燥しがちなときに使いたいですね。

パックをつける時間は5~15分ほどが基本。
長くつけすぎると乾燥を招くので気をつけて。美容液を塗ったあとにパックで包み込むことで、より美容成分が肌に浸透しやすく◎
商品によって放置時間が違ってくるので、目安時間をチェックしてみてくださいね。

オールインワンコスメを使ったとき

オールインワンコスメとは、あれこれ揃える必要がなく、それ1本でスキンケアが終わるので、時間がないときや日々の手間を省きたいという人におすすめのアイテムです。

化粧水・美容液・乳液(クリーム)の効果を1つにまとめたスキンケアアイテムなので、オールインワンコスメだけでもOKですが、もちろん美容液と併用しても◎
その場合は、美容液→オールインワンコスメの順番で塗りましょう。

オールインワンコスメには油分も含まれているため、先に塗ると美容液の美容成分が浸透しにくくなってしまうためです。

複数使いするとき

2種類以上の美容液を使う場合も「水分の多いもの→油分の多いもの」の順番を守ればOKです。肌のお悩みに特化している美容液ですから、この美容液の効果とあの美容液の効果、どっちも欲しい!なんてこともありますよね。

水分の多いさっぱりしたタイプのものを先に、クリームのように油分の多いものをあとにつけるようにしましょう。

ただし商品によっては合わせてつけると感触や質感がよくないものもあるため、使い心地が悪いようなら併用を避けるようにしましょう。

美容液の注意点をチェック!

美容液のいい使い方やダメな使い方、美容液を使ううえでの注意点について解説していきます!お肌によかれと思ってやっていても、実は逆効果だったなんてことも…!

適量を使用する

使う量が多すぎると肌に浸透しきれなかった成分が残り、逆に肌荒れの原因になってしまうこともあります。美容液は、たくさん使えばよりよい効果が得られるというわけではありませんから、商品に記載してある適量を使用するようにしましょう。

強すぎるパッティングに注意

よく浸透するようにと、美容液を肌をたたくようにしてつけるのはNG。強すぎるパッティングは肌の負担になってしまいます。化粧水や乳液をつけるときにもいえることですが、手のひらで包み込むように、優しくハンドプレスしてつけてみて。

混ぜて使わない

複数の美容液を混ぜる、化粧水や乳液などのスキンケアアイテムと混ぜるのはNG。

混ぜることで、それぞれのスキンケアアイテムの効果を十分に発揮できなくなってしまうなんてことも。

また製品が混ざることで、肌によくない影響が出る可能性もあるので、注意してくださいね。

保管方法に注意

メーカーや商品によって、保管方法が変わってくるので確認しておきましょう。美容液は直射日光の当たらない涼しい場所で保管するのが基本ですが、中には冷蔵保存が必要なタイプのものもあります。
また使用期限の記載がない場合は、開封してから1~3か月を目安にしてくださいね。

  • この記事を書いた人

toto

東京在住30代ワーママです。お金を貯めるのが趣味な夫とイヤイヤ炸裂中の娘(2022年生)との3人家族。 0歳からゆ~るくおうち英語取組んでいます。 共働きのため、いかに家事を手抜きするか日々探索中。

-未分類